GREETINGごあいさつ

実意をこめて、
すべてを
たいせつに

私は、二代目社長の柴田賢正です。
よろしくお願い致します。
弊社は、創業者である柴田武司が、1954年9月1日に25歳で起業しました。
令和3年9月1日で、創立68年目を迎えます。

柴田石油商会は、大分市の企業、個人を中心に、大分県下を販売エリアとし、
ENEOSの特約店として、卸小売販売をしています。
将来を見据えた効率販売を目指し、店舗の集約・大型化、省力化を進め、
現在、県下有数の健全経営の会社として、大型セルフ5給油所とフルサービス1給油所を運営しています。

会社の社訓は「実意をこめて すべてをたいせつに」です。
一つ一つのことを「まごころ」を込めて対処するという意味です。
社員一同、常にお客様に安心安全のサービスの提供に努め、
その為の社員教育の徹底と“上意下達下意上達”の遵守と意識の統一を図っています。
職場環境は、従業員の皆さんが働きやすい労働体系や最新鋭の設備を導入しています。
また、意見や考え方を上申できる組織になっています。

石油業界は、温室効果ガスの問題から代替エネルギーとして、電気自動車やハイブリッド車、
燃料電池自動車がシェアを拡大し、国内では少子高齢化が進む厳しい経営環境化に置かれていますが、
石油は災害時における最後の砦と言われ、絶対に必要です。
無くなることはないと思います。

弊社は、独自の柴田石油ブランド(販売体系・サービスの在り方・職場環境)の構築に努め、
地域の皆様に愛され信頼される企業として、堅実経営をこれからも目指していきます。

代表取締役社長柴田 賢正